無職でニートな20代が怠惰な生活とネガティブな愚痴を綴っているブログです。

カテゴリ:その他 > ひとりごと

やりたい。
どうしようもなく、ヤりたい。
なにを。
ナニを。

午前三時、消灯し睡眠を試みる。
うとうととするものの、睡れず。
暫くじっと動かず眠気を待つ。
そのうち悶々とした想いがやってくる。
抗うこともせず、妄想に身を委ねる。
暗闇で天井を見やるとソコハカトナイ幻影が浮かぶ。
頭も心も肉慾で埋まる。
まるで判で捺したように日毎繰り返される。
殆ど気狂いの如く、ソレばかり想う。
一向に飽きる気配がない。
これは快楽なのか。
わからない。
虚しさと、慾望だけが湧いて出る。
そろそろ己が恐ろしい。
何故こうなった。
満ち足りたい。

 


にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ

「もう十分普通だよ」と言われてしまえば「ありがとう」としか言い返せない。
だけど、素直に喜べない。
なぜって自分が普通だと思えないから。
ニートは普通じゃないし、無職は普通じゃないし、コミュ障は普通じゃない。
それらは社会から浮いた存在であって、罵倒の対象であり、卑下されることこそが普通だ。
でも、異常ではない。
頭が狂っているとは思わない。
ただ一般水準と比較したときに、劣っているだけだ。
特別な存在じゃなくてもいい。
劣っていたくない。
社会に適合できる最低限の能力さえ備わっていれば、それでいい。
普通に会話が出来て、普通にコミュニケーションがとれて、普通の収入があって、普通に普通の彼女がいて、普通に死んでいきたかった。



続きを読む

にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ

↑このページのトップヘ