無職でニートな20代が怠惰な生活とネガティブな愚痴を綴っているブログです。

カテゴリ:その他 > ひとりごと

苛々してばかりいます。
学校に通い始めて一ヶ月も経っていませんが、もう嫌です。
行きたくありません。
それでも通うほかにどうしようもないので、休まず出席しています。
誰になにを言われたわけでもありませんが、そろそろ就職活動を始めようかと思っています。
思っているだけでとくになにもしていませんが。 
ネガティブです。
ごめんなさい。
治りません。
 


にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ

たとえば、外へ出て、夏を感じる。
遠くで蝉が鳴いていて、ムッとした暑さが漂う。
空は青くて、太陽は強い日差しで照りつける。
子供たちが楽しそうにどこかへ駆けていく。 
そんな光景を目の当たりにすると、過去の光景が蘇ったり、空想が動き出したり、様々な感情が生まれてくる。
ものを書くのに最も必要なのは「触発」という感情だ。
いつか読んだ本に、そんなことが書いてあった。 



続きを読む

にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ

ものを考えるのと、ものを考えないのと、どちらも苦しい気がするけれど、どちらか選べと云われたならば、もう何も考えないほうがいっそ楽になるのじゃないかと、そんなことばかり思う。
いつから、こんな風になったのだろう。
つい考えてしまう。
生まれたときからなのか。
そうかも知れない。
なにかに、責任を負わせたい。
自分以外のなにかに。
なんなんだ。
自分を可哀想だとでも思っているのか。
自業自得じゃあないのか。
どうすれば。
そんなもの考えたところで、どうなるものでもないけれど、時間が埋まらない。
なにもないと、つい、ふと、考えてしまう。
じっとして、宙を眺めて、どうにかなにも考えないように努めるけれど、なにか、わらわらと頭の中なのか、心なのか、どこからか不吉な、臆病な、劣等な、感情が湧き出す。
そんな陳腐な形容をしたくなる。
どうすれば、どうすれば楽になれるだろう。
とりあえず、死、というワードは除外する。
すると、なにも浮かんでこない。




にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ

↑このページのトップヘ