無職でニートな20代が怠惰な生活とネガティブな愚痴を綴っているブログです。

カテゴリ:就職活動 > 職業訓練

昼休憩。
コンビニでおにぎりをふたつ、スーパードライをひとつ買う。 
袋をぶらさげて近所の公園まで少し歩く。
きょうも日差しが強い。
ベンチに腰かけると、缶を開けてぐびぐび飲む。
まったく食欲が湧かない。
それでも、やることもなく、どうにか食う。
汗がだらだらと流れ出る。
教室には時間ギリギリまで戻らない。
居心地を自分自身で悪くしている。
そんな気がした。
公園の隅に自販機がふたつ置いてある。
内ひとつは、酒ばかりが並んでいた。
立ち上がると傍までいき、菊水のふなぐちを買う。
それから、ベンチに戻ってそれも飲み干す。
しばらく煙草を吸って、のろのろと教室へ戻る。
もうほとんど自暴自棄となっている。
席に着くと、いつものように突っ伏せる。
酔ってはいない。
が、ほとんど意識は動かない。 
ゆっくりと堕落を続ける。 
午後には筆記テストがあった。 
 


にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ

もう苦しい。
なぜ、職業訓練にきたのか。
学びたかったからじゃない。 
薄々感じてはいたけれど、就職することを猶予したかったからかも知れない。
とりあえず、そこから逃げたかった。
意志は薄弱で、根気もない。
そして、やる気と云うものがまるでない。
目の前にはパソコンがあって、視線は画面を向いている。
けれど、意識は在らぬ方へと漂うばかり。
言われた通りに作業はするけれど、覇気がない、前向きな姿勢がない、心がない。
そうすると、ほとんど意味がない。
なにがあったわけでもないけれど、もう、辞めたい。
朝目覚めるのがひどく億劫で、駅へ向かうまでがたまらなく息苦しい。
人が居ると、相変わらず緊張が止まらない。
教室の前で一度、立ち止まると、家に引き返したい衝動に駆られる。 



続きを読む

にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ

駅から教室まで歩く。
それだけで、朝から汗だくになる。
体中が滑り火照るように熱い。
挨拶のようなものを交わし席に着く。
それから作業に励む。
休憩中は顔を伏せてやり過ごす。
昼飯も食わず睡る。
暗い表情でぼうっと負のオーラを放つ。
すると、誰も話しかけない。 
目も合わせない。
ぼくが居ても居なくてもなにも変わらない。
とても楽だけど、ちっとも楽しくない。
近頃、毎日同じようなことしか書いていない。
毎日同じようなことしかやっていないから。
なんとなく、そろそろ休みたい。
別段理由もないけれど。
帰りがけ、駅まで夕立に濡れた。
全身が重く、どんよりした気分で電車に乗る。
その後、ハロワへ向かった。 
 


にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ

↑このページのトップヘ