無職でニートな20代が怠惰な生活とネガティブな愚痴を綴っているブログです。

カテゴリ: 就職活動

sora20150911

昨日の夕方、また面接がありました。
朝、スーツを着て教室まで行くといつも通り講義を受け、それが終わると急いで面接場所へと向かいました。
訓練校のすぐ近くだったので歩きました。
場所は細長いビルの最上階にあり、エレベーターを降りると幅の狭い通路が三メーターほど伸びていて突き当りを右へ曲がるとすぐに会社のドアがありました。
到着し時計を見ると約束にはまだ十分ほど余裕がありました。
ノックをすると中から声が聞こえ、すぐに開けられました
出たのはスーツを着た大柄な男性で、若い感じの人でした。 
用件を伝えると、一旦中へ戻り少しして中へ通されました。
ぼくはこの時すでに声が震え、なんだか体まで震えだしそうなほど緊張してしまっていました。
部屋の奥へ行くと、革張りのソファーがふたつと間に安っぽいガラステーブルが置いてあるだけで、ほかにはなにもありませんでした。
座って待っててください、と言われ、言われるままにそこへ座り待ちました。
それからしばらくして白髪の男性がやってきました。
ぼくが立ち上がると、男性は挨拶をしてから名刺を取り出し、それを渡すと、来てくれてありがとうございます、というようなことを言っていました。
少ししてから、「じゃあ始めましょうか」と言いソファーに腰を下ろし、「それでは、自己紹介とこれまでの経歴、長所、志望理由をお願いします」と言うと途端に黙り込みました。



続きを読む

にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ

sora20150904

面接者の方ふたりが正面の席に着くと、応募書類の入った封筒を渡し、よろしくお願いします、とだけ言いました。 
それを渡すタイミングもよくわからず、ぎこちない動きばかりしてしまいました。
ふたりは履歴書に目を落とし、しばらくしていくつか質問をされました。
何気ない様子で訊ねるのでリラックスした気分で受け答えが出来たと思います。
志望動機、これまでの経歴をどうにか答えました。
うまく喋ることは出来ずに、何度か言葉に詰まったり、吃ったりしてしまいました。
それから、ニート期間のことについて訊ねられました。
なにをしていたのか。
なにを考えていたのか。
なぜ働かなかったのか。
そんな質問に対してなにかしら回答も用意していなかったため、少しの間押し黙ってしまいました。
結局「なにもしていなかった」と正直に答えてしまいました。
この辺りで相手の顔色は曇ったように思います。
ぼくのほうも心は折れ、早く帰りたいとだけ考えていました。
人より秀でた能力はなにもありません。
劣等感しかありません。
面接は15分ほどで終わったと思います。
帰り際、面接者の方は「即戦力を求めているから今回は厳しいかもしれない」と言い、自分は不採用だとおしえてくれました。
それでも、結果は後日郵送で伝えられるようです。
外へ出ると雨が降っており、傘もなく、少し濡れて帰りました。
やっと面接が終わったのに落胆しかありません。
不安な気持ちを大きくさせただけでした。
次の面接が恐ろしくもあり、応募書類の作成も鬱陶しく、こんなことを続けていく自信がありませんし、自分が採用にいきつくとも思えず、これからまだまだこんな日々が続いていくのかと思うと、もうたまらなく死にたくなってきます。
これまで何度も思ったのだけど、書けば実際そこへ突き進んでいくような気がしてそうしなかったのだけれど、実のところずいぶん前から、もうずっと死にたい。





にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ

sora20150904

約束は午前十時でした。
朝、早目に家を出ると、地下鉄に乗り面接場所まで向かいました。
駅を出てからしばらく歩き、場所の確認を済ませると一度駅前の通りまで引き返し、喫茶店に入り時間を潰しました。
頭はぼうっとして前日までの緊張もあまり感じなかったように思います。
ただ眠たく、落ちてもいい、と思うと不思議と平常心で居られました。
時間が近づくと、390円支払い店を出ました。
応募したのは郊外にある小さな会社で、ビルの五階にありました。
駅からそこへ来る途中には、チェーン店の飲食業がいくつかあり、大きな団地群が立ち並んでおり、遠くのほうには田圃が広がっているのが見えました。
どこかしら長閑な感覚がありました。



続きを読む

にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ

↑このページのトップヘ