無職でニートな20代が怠惰な生活とネガティブな愚痴を綴っているブログです。

2016年12月

sora20160512

夕方から映画館。『五日物語』鑑賞。満足だけど大満足とまではいかず…。いや、でも観れて良かった。グロテスクな残酷童話という感じで面白かった。かなり好き。現代との直接的な繋がりはおそらくないような気がする。頭を使うような話でもないんだけど、具体的に何を象徴してんのか理解できない部分もいくつかあって解説があったら読んでみたいと思う。観終わって一時間近く歩いて、ビール飲んでから帰宅。疲れた。金も使ったし、もうイヤになる。金を使うたびによくわからない罪悪感がひどい。日付変わってから朝方まで『ザ・ブラザーズ・グリムズビー』再見。素晴らしすぎて何のやる気も無くなってくる。あまりにも中身空っぽで、ひたすらアホ。こういう映画はもうちょっと評価されてほしい。せめてラズベリー賞くらいは受賞してほしいなあ。ポスターだけ見るとなんとなく普通のアクション映画っぽくて、こういう部分も余計に罪深さを感じる。バカ(サシャ・バロン・コーエンとか)に耐性がないと激怒したくなるような内容だと思う。心底しょうもない映画。観る価値もあるのかどうか知らないけど、心に負担が少なくてそこも良い。アホだ。ホントにアホすぎる。雌の象の膣に潜り込んで交尾の板挟みに遭う主人公なんて他に見たことがない。書いていて意味がわからないが、ある意味では壮絶な話だった。世の中バカ映画だらけになればいいのに、と本気で思う。今日は久々に映画館で生首を拝めた。明日も予定がないが、次は『めまい』が観たい。




にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ

sora20160512

午前五時ごろ起床。目が覚めてすぐに借りていた『下衆の愛』を観る。初見。想像していたよりキレイな話(でもないけど)、なんとなくノレず…。ゲスというよりは単に性欲過剰でセックス中毒な主人公だった。描写自体は楽しいもの(おっぱいとか)ばかりだったけど、描き方が一辺倒で好みじゃない。最初の印象はクズ野郎だけど実はイイヤツなんだよ…的な作り物っぽさが嘘くさくてイヤだった。その後また少し眠って、午後から『北区赤羽』一気見。疑似ドキュメンタリードラマ(?)なんだけど、これは大好き。空気感もユルめだし筋があるんだかないんだかわからないグダグダの会話も含めて面白かった。編集に緩急があるから退屈しないんだと思う。素人も多く登場するのでどこまでが演出なのかってところが少し気になった。気づけば夕方になっており、今日も家から一歩も出ず終わり。ほとんど横になっている状態だったけどかなり疲れた。多少は体を動かさないとダルくなってくる。当り前のことしか思わないし、面白いことも書けないし本当にダメ人間すぎる。どうしたって愚痴が出てしまう。つらい。




にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ

sora20160512

一日中在宅。ほぼ寝たきり。欝々とした気分のまま何も変わらず。どうしようもなくつらいし全身がダルい。飯もほとんど食べず、本当にただ眠っているだけ。部屋が寒くなってきた。髪も髭も伸びてきて、なんとなく鬱陶しい。今年は本当にダラダラしているだけでヒドい年だったし、来年もきっと何もできず終わるんだろうと思う。先のことを考えると暗くなってくる。




にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ

↑このページのトップヘ