無職でニートな20代が怠惰な生活とネガティブな愚痴を綴っているブログです。

2016年02月

sora20151102 -

いろいろメッセージ等ありがとうございます。
同じような方がたくさんいて、安心してもいけないのだけど、ちょっと楽になるような気もします。だからといって自分の今ある状況が変わらないこともわかっています。
無職を10ヶ月ほど続けて思うのは、踏み出さないことには何も変わらないということで、こんなことはずいぶん前から気づいているというか、少し考えればわかることですが、何故出来ないのかっていうと、やっぱりまだ怖いんですね、外が。
人と対面して過ごすってのは恐怖でしかなくて、ちょっとは楽しいことがあったりするかもしれないですけど、自分にとってはストレスのほうが大きいんだと思います。
金がなくて遊べないとか孤独にひきこもり続けることよりも、人と話して嫌な気持ちになることのほうが、つらいんだと思います。
理由を考えると、そんな感じです。
まあ、たぶんひきこもりにありがちな理由なのかなと思います。
ただの対人恐怖症なのか、診断を受けたこともないので自分が病気なのかも詳しくわかりませんが。
自分勝手な理由で親に負担をかけていることが今は一番つらいです。
きょうも外出せず、寝転がってただけでした。




にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ

sora20151102 -

自分以外の人間にどう接してほしいのか、よくわからない。
励まされるのも、なにかを強要されるのも、とにかくつらい。
放っておいてほしいと心底思う。思うのだが、完全に放っておかれるとそれもつらい。
どの程度干渉されたいのか、自分でもわからない。
それだからどうしてもイライラしてしまう。
書いていて自分がものすごくわがままな気もしてくるけれど、実際そうだからしょうがない。
たまたまネットで、いままで避けていた「うつ」の症状を目にしてしまい、病状、というか、患者の求めているものが、自分のそれとあまりにも同じで、同じだからといって自分がうつかどうかは結局わからないしそうだと断定されるのも嫌だけど、やっぱりそうなのかもと思う。ものすごく気が滅入る。
適度に接してもらいつつ改善に向かいたいが、難しい。いまさらどうすれば動けるようになるのか自分の頭じゃ考えつきそうにないし、ほとんど諦めに近い。

「外に出れば変わります」といった内容のメッセージが毎週のように届く。
もうやってる、と言いたくなるが、送り主がこのブログを全部読んでるわけもないのでしょうがない。しょうがないけれど、これは「頑張れ」と言われるのと同じくらいに心苦しくなる。
自分ではもう十分に頑張ったつもりで、頑張った上で挫折している、と思っているところへ「頑張れ」と言われる。つまり、まだ頑張りが足りない。もっと頑張れ、と。
これは本当に死にたくなる。
その点、親はそういったことをなにも言わない。
こちらが拒絶しているからなにも言えないだけかもしれないが、それにしても息子を改善させようとする意志を感じない。うつだと思われているのか、キチガイだと思われているのか、なにもわからない。ただ静かになにも言わず見守っている。
けれど、考えていたら親との距離感は案外それがちょうどよく、精神的に一番楽な状態なのかもしれない。
飯と居場所を与えられて、なにひとつ口も出してこない。
なにか言われれば、きっと全力で反撥するか、さらに内に籠るか、どちらかなので改善するとは思えない。
開き直っていると状況がますます悲惨に思えてくる。




にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ

sora20151102 -

午前四時ごろ起床。
起きるとなんとなく空腹で、久々に満腹になるまで食事。
それでも白飯一杯とカップラーメンだけ。
食べ終わるとすぐに眠気がきて、途中何度か目が覚めながら、結局15時間ほど睡眠し、またいつもの自己嫌悪。
本当にすごくつらい。
毎日なにやってるんだろう、そればっかり思う。
目が覚めて外が真っ暗になっていると、なぜだか無性に悲しくなってくる。
無力感で気分が落ち込んで、また無駄な一日が終わったと思う。
いつまで続けるのか、自分でもわからない。
死ぬまで終わらない気もする。
もうやめたい。苦しい。
きょうもアニメ見て寝てただけ。




にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ

↑このページのトップヘ