無職でニートな20代が怠惰な生活とネガティブな愚痴を綴っているブログです。

2016年01月

sora20151102 -

ぼくはもう、たぶん心の病気です。部屋から出る気力は依然として湧きません。食事や風呂や排便なども面倒に感じてしまい、とにかく一日中布団の中でじっとしていたいのです。今の自分自身を思うと、どう考えてみても愚かなものに思えます。周りにいる人間は両親のみで、唯一面倒をかけている存在に対して日々後ろめたい気持ちが膨れ上がっていくようです。今年に入ってからそろそろひと月が過ぎようとしています。正直に書いてしまうと本当にもう、いつ死のうかと、そのことばかり考えています。実行できるかどうかはわかりません。ですが、会話をする相手もおらず、何ヶ月もひきこもりのような生活を送っていると、しだいに他に考えることも無くなってしまい、欝々と一日に何度もそんなことばかりが頭を過るのです。働く、という選択肢に絶望し、完全に諦めているようにも思います。そうすると、金が使えない、生活がままならない、と思考は勝手に追いつめられていき、気づいた時には死ぬことばかり考えてしまっているのです。もちろん怖くてしかたがありません。ちょっと想像しただけでとんでもない恐怖です。それでも、たぶんきっと、もう生活に疲れてしまっているのだと思います。親の方はどう感じているのか。近頃それが気になって気になって頭がどうにかなってしまいそうです。だからといって話しかけたりはできません。ただ何もせず、じっとして、変化が起こるのを待っています。行動する気力はもう湧きそうにありません。




にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ

sora20151102 -

朝方になり煙草がきれる。
一日何もしていない。
昼間の間ただ寝転がり、じっとしていた。
そうすると不安がこみあげてくる。
このまま毎日寝ているだけで、そのうち親が死んで、自分も死ぬ。
楽しみもきっとないだろう。
人と接することが出来ないと気づいてからもう十年近く経つ。
起きている時間が地獄でしかない。
養う親がいるだけでも、マシなほうかもわからない。
食べる飯があるだけでも、マシなほうかもわからない。
普通になりたかった。
普通に働きたかった。
もうできない。




にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ

sora20151102 -

今日もほとんど一日中ひきこもっていた。
何もしていない。
布団に横になって少し本を読んだだけ。
さっき外へ出てみると雪がちらついていた。
一服して部屋へ戻るが寒さはたいして変わらない。
あまりに寒くて何をする気も起きなくなってくる。
冬が嫌でしょうがない。
何の努力もせず、無駄に堪えている自分は馬鹿だ。
虚しさで消えてしまいたくなる。
日毎に煙草が五本すつ減っていき、金はもうない。
そのうち親の財布に手が出てしまうんじゃないかと、そればかり思う。




にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ

↑このページのトップヘ