無職でニートな20代が怠惰な生活とネガティブな愚痴を綴っているブログです。

2015年10月

gonin_01

GONIN(1995)が大好きだったので観てきました。
残念ながら本作には狂気も艶気もあまり感じられませんでした。
GONIN正統続編ということで、今回の五人は19年前の大越組襲撃事件に関わっていた人間と血縁にあるものたちです。
映画前半は前作からの繋がりを説明することに終始しています。
誰が誰の息子で、孫で、とたっぷり描写されていきます。
初見でもわかりやすく話を呑み込めるような作りになっています。
しかし説明の量が少し多すぎるようにも感じてしまいました。
公開前の惹き句に「もう、理性はいらない。」とあったので、自分としては勝手に、感覚で突っ走っている過剰な映画を想像してしまっていましたが、思っていたよりも理屈っぽかったです。
回想と現在を行ったり来たりで、その間も物語は徐々に進みつつ、という感じで本筋に入るまでにすごく疲れました。



続きを読む

にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ

sora20151011

夕方までごろごろ過ごす。
それから映画館へ行く。
『GONINサーガ』を観た。
感想は別記事で書こうと思う。
月に一度は映画を観たいと思っていたけれど毎週になるかもしれない。
なぜ観るのかとか、意味とかはあまり考えないようにする。
物事だったり行動する理由なんかを考え出すと頭が痛くなってくる。
無職になった理由なんかもいろいろあるんだろうけど、そういうことを考えていると苦しくなってくる。
それだから、極力考えないようにしたい。
そんなことも言ってられない状況ではあるけれど、逃避しないと狂ってしまう。
昼間はずっと眠たい。
それなのに夜中になると目が冴えてくる。
とりあえずいまの生活では支障もない。
雇用保険が切れるまではこのままの生活でいたい。
けれどアルバイトくらいならやりたいと思い始めている。
暇すぎてもいけない。
就職となると途端に恐ろしくなる。
あまり責任を負いたくない。
自分は使い捨ての仕事がきっと合っている。
来週には履歴書を書こう。
年内はずっと無職でいるかもしれない。
妥協ともいえない諦めを繰り返す。
親に対しては後ろめたさしかない。
それだからずっと会話がない。




にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ

sora20151010

昼過ぎまで寝ていた。
起きてから少し映画を観て、また眠った。
それから部屋を掃除した。
汗だくになった。
部屋中に本とDVDが山となっている。
壁際に積み上げただけで片付いた気がしない。
捨てればいいのだけど、溜め込んでしまう。
意味なんてない。
それから風呂に入ってしばらく寝転がっていると一日が終わっていた。
無駄に過ごした後ろめたさが積み重なっていく。
毎日なにも起こらない。
こんな生活に飽きてはいるものの、どうしようもない。
諦めているのかも、自分自身わからない。
どうにかしたい気持ちもある。
でもやっぱり行動する気力は出ない。
無職になってからの今までで、ここ一週間ほどはとくに酷い。
動けない。
部屋に籠もると苦しくなる。
しかし外へ出るのも面倒で、結局ひきこもる。
頭が痛くなってくる。
常にイライラしている。
欲求は長い間満たされずにいる。
なにがやりたいのかもわからない。
自分がどうなりたいのか、よくわからない。
考えても答えは浮かばず、考えることを諦める。
しばらく経つとまた同じような考えを巡らす。
こうして言葉にしてみても矛盾ばかり感じる。
思考がコロコロ変わっていく。
とにかくつらい。
それは変わらないけれど、浮き沈みがある。
いまはたぶん落ち着いている。
近頃日記を書くことよりも空を撮ることのほうに面倒を感じる。
なんとなく一度始めてしまうと止め時がない。




にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ

↑このページのトップヘ