無職でニートな20代が怠惰な生活とネガティブな愚痴を綴っているブログです。

2015年07月

きょうも学科のみでした。
タグの説明を聞き、実際に打ち込んでブラウザに表示する。
それを何度か繰り返して一日が終わりました。
朝、軽く挨拶をします。
会話らしい会話はしていません。
休憩中は後列の隅で机に突っ伏して寝ています。
隣の主婦が、何度か喋りかけてきました。
子供が何人かいる、太めの女性です。
ぼくは拒絶するように不愛想な言葉を返しただけでした。
当然、会話は続きません。
教室の生徒たちは何組かのグループに分かれており、楽しそうな雰囲気です。
他愛ない話に花を咲かせています。
ぼくだけが取り残される恰好となってしまったようです。
完全に孤立しています。
ひとり、浮いている。
というよりは、沈み切っている。
表情は常に暗く笑顔も見せない。
ほとんどずっと、じっとして動きがない。
世間話というものが、出来ません。



続きを読む

にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ

きょうは学科のみでした。
WEBサイトについての概要を学びました。
話を聞きながら配られた冊子をぺらぺら捲っているだけだったので、楽でした。
午後からは実際にサイトを個々人で見て回り、これもネットサーフィンしているだけだったので楽でした。
緊張することはなかったです。
別段なにも考えることはありませんでした。
そうすると、なんとなく退屈で眠たくなってくる。
早く勉強したい。
早くWEBサイトをつくりたい。
そして早く卒業したい。
少しだけ、やる気のようなものも湧いてきました。
ただ椅子に座ってパソコンを弄っていただけでした。
それなのに、帰宅するとなぜか疲れ果てている。
まだ九時前ですが、どうしようもなく眠たい。
まともな、人間らしい生活が戻ってきたような気がします。 
人と話すことなく、どうにか明日も終わりたい。
 


にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ

昼休みは、一時間ほどありました。
コンビニで買ったおにぎりをひとつだけ食べると、あとはコーヒーを飲んで、煙草を吸いながら外で時間を潰していました。
教室へ戻ると、すでに打ち解けて世間話なんかをしている人たちが居て、社交性のない自分は、なんだか居心地の悪い思いがしました。
知らない人に話しかけることが、できません。
なにかきっかけがあれば少しは話せるかも知れませんが、とにかく苦手です。
自己紹介には五分程度の時間が与えられました。
前の席の人から順番にひとりひとり前へ出て、自分の長所や志望動機なんか話していきます。
ぼくは幸い後列に座っていたので、考える時間がほどほどにあり、他の人の自己紹介を見ながらメモを取り、見様見真似にこの場を乗り切りました。
ですが、やはりとても緊張し、ハッキリとしない調子で口をもごもごさせるばかりで、いつもの吃った喋りを披露してしまいました。
前へ出て喋っている間は、視線をどこへ向けてよいものかわからずに、後ろのほうにある天井の隅を見つめていました。
ときおり誰かしらから嘲笑したような笑いが聞こえてきました。
ぼくは人前で話すような仕事は死んでも出来ないな、と思いました。



続きを読む

にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ

↑このページのトップヘ