無職でニートな20代が怠惰な生活とネガティブな愚痴を綴っているブログです。

2015年06月

歯、抜きました。
歯茎に麻酔を四本打って、ペンチのようなもので20秒ほどグイグイやったら、痛みを感じることもなくすぐに抜けてしまいました。
あまりの呆気のなさに、先生に対して「もう抜けたんですか?」と口半開きの状態で二度ほど訊ねてしまいました。
どうやら、上の歯は抜きやすいらしいです(知りませんでした)。

記念に画像を貼っておきます。
放置した末に、なんとなくグロい物質と化してしまったようです…。
キタナイですね。
虫歯で神経が剥き出しになった部分に、なにかかぶせてあります(先日はこれで痛みが治まったのだと理解しました)。
黒いのはおそらく虫歯なんだと思います。
先生はぼくの虫歯の進行度合いについて「ほったらかしすぎだ」と一分間ほど、なぜか嬉々として力説されていました。
ニオイを嗅いでみると、動物園の臭いがしたので、写真を撮った後に捨てました。
久々にドン引きという体験をしたように思います。
口の中にはまだ麻酔の苦味が残っています。
DSC_0171




にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ

ブログを始めて一ヶ月経っていたので、最近の心境を記してみます(いつもと同じような内容ですが)。

毎日なにかしら書いているんですが、毎日書くのって大変な作業ですね。
日付が変わる間際になって、きょうブログ書いてない!と焦って書き出すような日々が続いております。たまに数分、間に合わなくて前日の時間設定にして投稿したりとズルいこともやってますが、基本的にはその日の現在時刻に書いてます。
恥ずかしいので自分の記事を読み返すこともあまりありませんが、本当にどうでもいいことばかり書いてるなあ、と思います。
なにかしら書くべきことを絞り出していますが、なにも出てこず身のない文章というのが多いです。
と、反省ばかりしております。

前にも同じようなことを書いた気がしますが、続けます。
ブログを続けるモチベーションの維持が難しいです。
とくにあまり人気のない(ぼくのような)ブログだと読者の反応がわかりにくかったりして、途中で投げ出しちゃう人も多いんじゃないでしょうか。
なので、コメントくださってるかた、ありがとうございます。
こんなブログでも読者がいると思うと励みになります。
それと、やっぱり気になるのはPV数とランキングです。
少しずつ伸びてきてはいますが、やっぱりすごく面白い記事か、または話題になってるものについて書かないと一気に伸びることはないんですかね。
わかんないですけど、地道に頑張ります。

ニート日記で1位になりたいんですけど、なかなかなれません。
それで、上位の方々のブログをたまに読ませてもらってるんですけど、やっぱ面白いですね。
あと、タイトルの惹き句がいいなあ、とか思っちゃいます。
ぼくはけっこうなにも考えずにタイトルつけてばかりなので、ちょっとはそこも悩もうと思いました。
そんな感じです…。




にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ

何年か前に、財布を落としてしまったことがある。
電車に乗っていて、目的の駅に着いた。
それまで車内にいた大勢の人がドッと降り、その波に揉まれてぼくも一緒に降りたのだが、立ち上がった拍子に膝に乗せていた財布を落としてしまったらしい。
電車から降りて十メートルほど歩いたところで、そのことに気がついた。
ぼくは踵を返すと、半ば小走りで駆けていく。
ドアの降り口までいくと、そこに立っている女性と目が合った。
明るすぎる茶髪に派手なメイクの女子高生だった。
彼女は「あの、これ」とだけ言うと、ぼくの財布を差し出した。
ホームの縁に立ったぼくがそれを受け取ると、すぐさまドアは閉じてしまった。
咄嗟のことに「ありがとう」の一言さえも出なかった。
俄かに動き出した電車のドアに向かって、一、二度頭を下げたものの、彼女はすぐに見えなくなってしまった。

ときおり遭遇する、こういうありふれた善意が意外と記憶に残ってしまう。
お礼を言うことができなかった少しの悔恨が、この記憶を忘れさせないのかもしれない。
彼女のほうは、
「財布が落ちていたから、持ち主に渡した」
ただ、それだけのことだったのだろう。
意味なんて感じていないかもしれない。

ほんの些細なことだけど、こういう出来事を実際に目の当たりにすると、生きるのも悪くない、と歯の浮くようなセリフが頭の中に浮かんでしまう。
生活していて、なんの脈絡もなく、ふと思い出してしまうのは、そんなことだったりする。




にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ

↑このページのトップヘ