18時頃起床。飯食って風呂入ってレイトで『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』。期待しすぎたためか意外と普通だった。全体的には楽しいシーンばかりだったが終盤でジェームズ・ガンらしくない過度な非哀感を感じてしまいモヤモヤしながら帰宅。楽しかったが、楽しかっただけ…。お涙頂戴の部分で素直に感動できなかったのが辛い。観客のニーズに応えすぎたダメな作品にも思えた(まあ大多数のファンは泣いて喜んでるんだろうしそれでいいのか)。その後、帰宅して『ヘンリー』を観ながら就寝。GotG2はマイケル・ルーカーの代表作になるんだろうなぁ…。感慨深い。